12/07/24 If me not,then who?

Eテレ深夜の「スーパープレゼンテーション」という番組で「TEDカンファレンス」というイベントを紹介しています。毎回いろいろな人がプレゼンをするのですが,これがとてもおもしろい。
私の場合,子どもたちは寝ていて自分は眠くないという,ごく特殊な場合にのみ視聴可能なのですが・・・。

しばらく前に,「If now not,then when? If me not,then who?」(今やらなければいつ?私がやらなければだれが?)というタイトルで,感動的なプレゼンをした人がいました。

その人はアニメ会社の経営者だったと思うのですが(記憶で書いていますので間違いがあったらごめんなさい),才能あるグラフィックデザイナーが難病で全身麻痺になったことを惜しんで,せめて意思表示ができるようにしてあげたいと考えました。
でもそのための装置はとても高価で,到底一般人が買える金額ではありませんでした。

そこでなんとその人は,目の動きだけで操作し,字や絵を描くことができるレーザーポインターを自分で作ってしまうのです。
材料は,その辺で買ったサングラス,銅線を少々,そして世界の果てから招集した7人の無頼者(ハッカー,アナーキスト,陰謀家 などなど)に作らせたソフトウェア,以上。
ソフトウェアを無償で公開したので,だれでもタダ同然で作れるそうです。

これで世界中の体を動かせない人たちが自由に意思表示し,創作活動をすることができるようになったのです。まさにスティーブ・ジョブズがいうところの「めちゃめちゃすごい」「宇宙に衝撃を与えるほどの」製品です!しかも彼らはそれを1年そこそこで作ってしまった。

なんてすごい!すごすぎる!
というよりも,こんなに簡単に(簡単そうに話していただけかもしれませんが)できるなら,どうしていままでだれも作らなかったのか?!

まさに誰かが”If now not,then when? If me not,then who?”と言って作りはじめるべきだったのでしょう。

事務所内のニュースの最新記事

法律問題のご相談は弁護士法人アストラルへ
地元企業の健全な発展を法的にサポート 顧問契約のご案内
ページ上部へ戻る