14/05/23 改装中!

最近お越しいただいたお客様は当事務所が現在改装中であることにお気づきかと思います。
改装する理由については後日改めてお話しすることにして,今日は私がこの改装にかける意気込みをお話ししたいと思います(大げさ)。

私は常々,「事務所というものはもっと快適で,リラックスできる空間でなければならない」と考えています。
大半のお客様は一生に一度の大事件に巻き込まれて神経をとがらせて事務所に来られるわけですし,私と職員にとってもここ数年の人生の大半を事務所の中で過ごすわけですから,無機質な事務机だの,キイキイ言うスチール本棚だの,変な色をしたビニールシートのイスだの,まったく用はありません。
お客様が「なんだか大切に扱ってもらえた」と思ってお帰りになり,職員が「今日もストレスフリーだった」と思って帰り,私がそれに満足して帰る,それが私の理想とする事務所です。

では快適な弁護士の執務室とはどうあるべきか?
私のイメージするところは,落ち着いた書斎です。
ジェレミー・ブレットのシャーロック・ホームズが天井まで本を詰め込んだ本棚に囲まれた部屋で紫煙をくゆらせながら優雅にロッキングチェアを揺すっている,アレです。
さすがにこの世知辛い21世紀にロッキングチェアは無理としても,あのくらいシックな書斎がほしい!

今回の改装で新しい執務室を作るのですが,今回は絶対にシックに仕上げようと思います。
そのためにかれこれ1か月,考えの及ぶ限り図面を引き,東海県内のインテリアショップを訪ね歩き,時に挫折し,時に小躍りしながら改装案を練ってまいりました。
どうしてもイメージに合う打ち合わせ用テーブルが見つからず,毎日クヨクヨしていたところ,”ステンレス製のテーブルで打ち合わせしようとして,ヒヤッと冷たいのに驚く”という夢を見て(夢に見るほど悩んでます),なるほど!ステンレス製ね!とはたと手を打ち,さっそく敬愛するTOYOキッチンのHPを検索したところ,ありました,ありました,まさにこれというテーブルが!

テーブルが決まったおかげで,チェアや棚や小物の案もまとまってきました。
最終改装は7月初旬を予定しています。きっと素敵な書斎に仕上げて,また皆さんにご紹介したいと思います!

事務所内のニュースの最新記事

法律問題のご相談は弁護士法人アストラルへ
地元企業の健全な発展を法的にサポート 顧問契約のご案内
ページ上部へ戻る