離婚の解決:妻が複数の相手と不貞をしていた事例

事例14:妻が複数の相手と不貞をしていたことが発覚した事例

妻の夜間の外出が多いことに不審を抱いた夫が調査会社に調査を依頼したところ,2人の男性と交際があることが判明し,当事務所へ慰謝料請求を依頼されました。

妻の交際相手2人に対しそれぞれ慰謝料請求したところ,うち1人とは100万円,もう1人とは200万円を支払うとの和解が成立しました。

解決までの期間:約5か月

解決事例の最新記事

離婚の最新記事

法律問題のご相談は弁護士法人アストラルへ
地元企業の健全な発展を法的にサポート 顧問契約のご案内
ページ上部へ戻る