交通事故:自転車と車両との接触事故(物損・人身)

路肩を走行中の自転車が並行して走行していた自動車に接触し,自転車,自動車共に損傷,自転車を運転していた女性が軽いけがをした事例。

自動車は自転車が路上にはみ出してきたとして車両損害全額の賠償を請求していましたが,もともと十分な道路幅がなく,自転車が多少はみ出すことは想定すべき状況だったことから,過失割合を9:1とし,自転車側が賠償金を受け取る形で和解が成立しました。

解決事例の最新記事

法律問題のご相談は弁護士法人アストラルへ
地元企業の健全な発展を法的にサポート 顧問契約のご案内
ページ上部へ戻る