慰謝料請求:交際相手の妻から慰謝料請求を受けた事例

交際相手が独身であると偽っていたため既婚であることを知らずに交際していた女性が,交際相手の妻から慰謝料請求を受けたため,独身であると信じたことに過失がない事実関係を明らかにし,慰謝料の請求を拒否しました。最終的に,今後男性と接触しないことを条件として,金銭の支払いはしないことで和解が成立しました。

解決事例の最新記事

離婚の最新記事

法律問題のご相談は弁護士法人アストラルへ
地元企業の健全な発展を法的にサポート 顧問契約のご案内
ページ上部へ戻る