弁護士費用

報酬・費用

比較的ご依頼の多い事件の弁護士報酬についてご説明します。

事案の内容によっては、増額をお願いする場合がございますが、弁護士費用については必ず契約前にご説明をし、ご納得いただいてからご契約いただきますのでご安心ください。

なお、依頼者の方の資力状況によっては分割返済などのご相談にも応じておりますので、お気軽にご相談ください。

弁護士費用の説明

 

法律相談料 ご相談をお伺いする際に頂く費用です。
着手金 ご依頼の際にお支払いいただく費用です。着手金は、事件処理の成功、 不成功にかかわらず返還されません。
報酬金 事件処理終了時に頂く費用です。
日当 調停期日、裁判期日、出張回数に応じて頂く費用です。
実費 事件処理にあたって使用した切手代、印紙代、交通費などの費用です。

1.法律相談

○法律相談料:1時間以内 3000円(税別)(弁護士指名料+2,000円)

※債務整理をご希望の方は初回相談料無料(指名不可)となります。

ご指名がない場合には、当事務所の都合により担当弁護士を指定致します。

担当弁護士のご指名がある場合は1時間以内 5000円(税別)となります。

○事務所にてのご相談となりますので、ご都合の良い日時をお知らせ下さい。

※お電話、メールでのご相談は行っておりませんので、ご了承下さい。

2.離婚事件

離婚事件に関する費用

 

3.不動産明渡請求事件

 

着手金 275,000円(税別)
訴訟終了時の訴訟報酬 275,000円(税別)
強制執行を行った場合の執行報酬 225,000円(税別)
日当 なし
実費 実費相当額

※明渡をご依頼いただく不動産の規模・物件数によって、報酬を増減させて頂く場合がございますのでご相談ください。

4.債務整理

 

任意整理 着手金 1社20,000円(税別)
報酬金 1社20,000円(税別)
個人の破産事件 325,000円(税別)
法人の破産事件 525,000円(税別)
個人再生事件 425,000円(税別)

※1 ただし、会社代表者の方が会社とともに破産される場合や、ご家族で破産される場合のように、複数の破産事件をご依頼いただく場合には内容によって報酬を減額することがあります。
また、債権者数の多寡、会社の規模等によって報酬を増減する場合がありますのでご相談ください。
※2 債務整理にあたり、過払金の回収を行った場合には、別途回収額の20%(税別)を報酬として加算します。

※3 いずれの場合にも、実費として相当額をご請求いたします。

5.相続・遺産分割・相続放棄

相続に関する費用

6.その他の事件

 

請求額が100万円以内
の場合
請求額が300万円以内
の場合
請求額が3000万円以内
の場合
着手金 225,000円(税別) 275,000円(税別) 325,000円(税別)~
報酬金 認容された金額の10%+消費税 認容された金額の15%+消費税 認容された金額の8%+消費税~
日当 ※1 ※1 ※1
実費 実費相当額 実費相当額 実費相当額

※1 裁判・調停期日が3回を超える場合には日当として(期日回数-3)×30,000円(税別)を申し受けます。

※2 依頼される方が被告(調停では相手方)となる事案では、「請求額」を「請求されている額」、「認容された金額」を「請求額から減額することができた金額」と読み替えます。

※3 判決で勝訴が予想されても回収が困難と思われる案件、事案が複雑で処理が困難な案件、調停から引き続き訴訟をご依頼になる場合など、事案によっては報酬の減額や、増額をお願いする場合がありますので、ご相談ください。

法律問題のご相談は弁護士法人アストラルへ
地元企業の健全な発展を法的にサポート 顧問契約のご案内
ページ上部へ戻る