入居者が家財放置で夜逃げたため,強制執行により明渡を実施

約10カ月分の滞納家賃の支払と明渡しを求めて訴訟提起。事前の現地調査で相手方不在であることが判明していたため,同時に公示送達の申立てをする。判決後すぐに明渡しの強制執行を申立て,受任から約3カ月後に明渡しが終了した。


法律問題のご相談は弁護士法人アストラルへ
地元企業の健全な発展を法的にサポート 顧問契約のご案内
ページ上部へ戻る