家賃滞納者に訴訟を提起し,滞納を解消した事例

約4カ月分の滞納家賃の支払を内容証明郵便で請求。相手方から分割払いの申出があったため合意書を作成する。しかし,約3カ月後には支払が止まったため,すぐに訴訟提起したところ,裁判上の和解が成立して終了。訴訟提起後,約2カ月で解決に至る。


法律問題のご相談は弁護士法人アストラルへ
地元企業の健全な発展を法的にサポート 顧問契約のご案内
ページ上部へ戻る