車線変更車両が並走する車両に接触した事例(人身・物損)

並走していた車両側からの依頼で相手方保険会社と交渉しましたが,相手方保険会社は依頼者に2割の過失があると強く主張したため訴訟を提起し,訴訟上で依頼者の過失割合を1割とする和解が成立しました。


法律問題のご相談は弁護士法人アストラルへ
地元企業の健全な発展を法的にサポート 顧問契約のご案内
ページ上部へ戻る