店舗駐車場で転回中の車両に接触された事例(物損)

相手方は依頼者の駐車方法に問題があったとして,過失0を主張しましたが,相手方に全面的に過失があるという勝訴判決を得ました。判決が言い渡された後も相手方が支払を拒絶したため,相手方の預金,事業所に差押を行い,最終的に全額の返済を受けました。


法律問題のご相談は弁護士法人アストラルへ
地元企業の健全な発展を法的にサポート 顧問契約のご案内
ページ上部へ戻る