信号待ちをしていた車両に後続車両が追突した事例(人身)

腕のしびれなどの症状が残存していましたが,残念ながら後遺障害の認定が得られなかったため,入通院慰謝料について高めの請求を行い,最終的に治療費等の実損害のほか約240万円の賠償を受けることで相手方保険会社と和解しました。


法律問題のご相談は弁護士法人アストラルへ
地元企業の健全な発展を法的にサポート 顧問契約のご案内
ページ上部へ戻る