顧問弁護士に依頼するタイミング

~紛争があってからではなく,予防として~

 弁護士に相談するタイミングは、いつが良いのでしょうか?
 結論から言いますと、「とにかく早めにご相談を」ということになります。

 たとえば、「体調がおかしいかな?」と思ったときには、すぐに病院に行く人と行かない人に分かれると思います。それと同じように、企業活動を行っている上で「あれ?」と思ったら、そのときが相談のタイミングということになります。

 全く知らない弁護士に一から相談するのに、「なんとなく心配だ」という程度では相談がしにくいでしょう。でも、顧問弁護士ならそんな気兼ねはいりません。
  顧問弁護士のメリットは、このようにとにかく気軽に相談できる点にあります。

 交通事故にあうと思って自動車保険に入る方はいません。交通事故にあうかもしれないから自動車保険に入るのです。
 そして交通事故にあう確率よりも、法律トラブルに遭遇する確率の方が高いことはご存じでしょうか? 顧問弁護士を持たずに事業活動を行うことは、自動車保険なしに自動車を運転するようなものです。

 是非、トラブルに巻き込まれる前に、顧問弁護士をお持ちください。


法律問題のご相談は弁護士法人アストラルへ
地元企業の健全な発展を法的にサポート 顧問契約のご案内
ページ上部へ戻る