勤務先に対し経費の立替を従業員が返還を請求した事例

経費立替の際,勤務先から立替金明細書を受領していたため,これをもとに勤務先の債権(請負代金)を保全したところ,勤務先から立替金約120万円の全額の一括返還を受けることができました。


法律問題のご相談は弁護士法人アストラルへ
地元企業の健全な発展を法的にサポート 顧問契約のご案内
ページ上部へ戻る