成年後見制度

成年後見制度とは、記憶力などに障害がある高齢者・知的障害者・精神障害者など判断能力が不十分な方を保護するための制度です。
 
 たとえば認知症で判断能力が低下してしまった方の場合、自分で施設の利用契約を結んだり、銀行で預金を下ろしたり、自分のために必要な様々な手続ができない場合があります。
 ご家族が代わりに手続をしようにも、ご本人でなければ手続ができないことはいろいろあります。

 そんなとき、ご本人の代理人となって財産を管理し、代わりに手続を行うのが成年後見人です。
 後見人は、申立人(※→)の申立により裁判所が選任し、裁判所が適切に業務が行われているかを監督します。


法律問題のご相談はアストラル総合法律事務所へ
地元企業の健全な発展を法的にサポート 顧問契約のご案内
ページ上部へ戻る