2021年6月3日 夫婦の家事分担について

当事務所は職員の女性比率が高いので,夫が公平に家事を分担してくれない問題についてよく職員の不満が爆発しています。

当事務所開設から10年,いや,女性が本格的に社会進出するようになって30年,同じ議論が繰り返されるのは不毛というほかありません。

朝早くから夜遅くまで家族のために働いている夫に,さらに家事分担を求める妻が悪いのか。

仕事しながら子育てもし,なおかつ家事まで遺漏なくこなせと妻にいう夫が悪いのか。

もうそろそろ決着がついてもいいころです。

 

 

思うに,うちのハムスターは大変かわいいのですが,ハムスターは私の家事を増やしこそすれ,減らしてくれることは皆無ですし,そのことを反省している様子もないですが,そのことで腹が立ったことはないようです。

つまり,あなたの夫氏がハムスターであれば,たとえあなたが家事をしている間,夫氏が巣の中で寝ていようと,回し車で遊んでいようと,全く気にならないことでしょう。

 

 

ここまで考察すると,「あなたの夫氏はハムスターほどかわいくない」ということに問題が集約されてきます。

 

 

そこで次に,「ハムスターほどかわいくなければダメか?」という点をもう少し掘り下げてみましょう。

たとえば,年を取ったヒグマで考えてみましょう。・・・少し難しいようです。

では,年を取っても気性の荒い地鶏はどうでしょうか。・・・まだ厳しいかもしれません。

もう少しランクを上げて,年を取った紀州犬なら?・・・だいぶ良くなってきました。

最後に,年を取ったポメラニアンならいかがでしょうか。・・・パーフェクトです。

つまり,家事分担をめぐって妻と喧嘩が絶えず,とはいえ残業を断ることもできない男性は,家では年を取ったポメラニアンになりすませば良いのです。Q.E.D

 

 

学校では男の子に,必要に応じてポメラニアンになりすます方法を徹底的にレクチャーするのが良いでしょう。

とはいえ,ポメラニアンなりすましガイドブックが文科省の教科書検定を通る見込みはかなり厳しいと言わざるを得ませんので,むしろ先見の明のある事業者であれば,ポメラニアン教室を開くかもしれません。

家事しかしない嫁・仕事しかしない嫁より,家事も仕事もできる嫁を息子にもらいたい・・・というご家庭は,息子さんをスイミング教室より先にポメラニアン教室に入れるべきです。

その結果,世の中はポメラニアン的男性・なんちゃってポメラニアン的男性・なりそこないポメラニアン的男性であふれかえるようになるでしょう。

そうなると少子化はますます進むかもしれませんが,男性のポメラニアン化が進む結果,犯罪,暴動,紛争などは激減することが予想されますから,一石二鳥と言えるでしょう。

『Kawaiiおじさん』の時代・・・!新時代の幕開けです。

ん?よく考えると,もうだいたいそんな時代になってきてますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さくらのたよりの最新記事

事務所内のニュースの最新記事

法律問題のご相談は弁護士法人アストラルへ
地元企業の健全な発展を法的にサポート 顧問契約のご案内
ページ上部へ戻る