慰謝料請求:未成年者間の暴行による慰謝料を請求した事例

未成年者の行為について親が当然に責任を負うわけではありませんが、当該事例では加害少年が過去にも同様の事件を起こしており、親権者に監督責任が認められることなどから親権者に対し賠償請求を行い、約60万円の賠償金の支払いを受けました。

※コンテンツ内で事例をご紹介する場合、作成当時の法律に基づきますので最新の判例と異なる可能性があります

ライン
予約

事務所ロゴ

弁護士法人アストラル

(旧アストラル総合法律事務所)

〒491-0858 
愛知県一宮市栄1-8-12 一宮栄ビル4F
TEL:0586-71-4545

Copyright © 弁護士法人アストラル All Rights Reserved.