家賃滞納者に対し訴訟を提起し,自主的に明渡を行わせた事例

約4カ月分の滞納家賃の支払と明渡しを求めて訴訟提起。相手方が訴状を受け取らなかったが,相手方と連絡が取れたため,当職が相手方に訴状を受領するよう説得し受領してもらう。相手方が任意の明渡しに応じたため,明渡完了後に訴えを取下げて終了。受任から3カ月弱で解決に至る。


法律問題のご相談は弁護士法人アストラルへ
地元企業の健全な発展を法的にサポート 顧問契約のご案内
ページ上部へ戻る