家賃滞納者に対し督促を行い,滞納を解消した事例

約3カ月分の滞納家賃の支払いを内容証明郵便で請求。訴訟提起前に分割払いの申出があり,6回の分割払いをすること,今後支払が怠ったときには建物を明け渡すことを内容とする合意書を作成して終了。受任から1カ月弱で解決に至る。

※コンテンツ内で事例をご紹介する場合、作成当時の法律に基づきますので最新の判例と異なる可能性があります

入居者が家財放置で夜逃げたため,強制執行により明渡を実施

約10カ月分の滞納家賃の支払と明渡しを求めて訴訟提起。事前の現地調査で相手方不在であることが判明していたため,同時に公示送達の申立てをする。判決後すぐに明渡しの強制執行を申立て,受任から約3カ月後に明…

家賃滞納者に対し訴訟を提起し,自主的に明渡を行わせた事例

約4カ月分の滞納家賃の支払と明渡しを求めて訴訟提起。相手方が訴状を受け取らなかったが,相手方と連絡が取れたため,当職が相手方に訴状を受領するよう説得し受領してもらう。相手方が任意の明渡しに応じたため,…

家賃滞納者に対し督促を行い,滞納を解消した事例

約3カ月分の滞納家賃の支払いを内容証明郵便で請求。訴訟提起前に分割払いの申出があり,6回の分割払いをすること,今後支払が怠ったときには建物を明け渡すことを内容とする合意書を作成して終了。受任から1カ月…

立退き料30万円を支払うことで合意し,任意の明渡を授与

賃借人との交渉により,3ヶ月の賃料免除,立退き料約100万円で和解が成立しました。

滞納のない建物賃借人に対し立退きを請求した事例

立退き料として30万円を支払うことで合意し,任意の明渡を受けました。

家賃滞納者に訴訟を提起し,滞納を解消した事例

約4カ月分の滞納家賃の支払を内容証明郵便で請求。相手方から分割払いの申出があったため合意書を作成する。しかし,約3カ月後には支払が止まったため,すぐに訴訟提起したところ,裁判上の和解が成立して終了。訴…

家賃滞納者を強制執行により退去させ,連帯保証人から回収

約6カ月分の滞納家賃の支払と明渡しを求めて訴訟提起。連帯保証人の所在が不明であったが地道な調査の結果判明し,無事に訴状が届いた。判決後すぐに明渡しの強制執行を申立て,約2カ月後には明渡しが終了。

家財放置で行方不明の入居者に対し訴訟を提起し明渡を実施

約5カ月分の滞納家賃の支払と明渡しを求めて訴訟提起。相手方の所在が不明であったため,調査をした上で訴訟を提起。判決後すぐに明渡しの強制執行を申立て,受任から約3カ月で明渡しが終了。

家賃滞納者との間で分割返済の合意をし滞納を解消した事例

約4カ月分の滞納家賃の支払を内容証明郵便で請求。相手方から分割払いの申出があったため,合意書を作成するが,すぐに支払が止まったため訴訟提起。その後,裁判上の和解をして終了。訴訟提起から約1カ月で解決に…

家賃滞納者に訴訟を提起し,自主的な退去を実現した事例

約4カ月分の滞納家賃の支払と明渡しを求めて訴訟提起。相手方より,任意で退去する旨の申出があったため,明渡し終了後に訴えを取下げて終了。受任から約1カ月半で解決に至る。

家賃滞納者に訴訟提起し,強制執行により明渡を完了した事例

約7カ月の滞納家賃の支払と明渡しを求めて訴訟提起。判決後,すぐに明渡しの強制執行を申立て,受任から約4カ月で明渡しが完了。

家賃滞納者に訴訟を提起し,滞納を解消した事例

約3カ月分の滞納家賃の支払と明渡しを求めて訴訟提起。相手方から,滞納家賃を一括で支払う旨の申出があり,支払を確認した後に訴訟を取下げて終了。受任から2カ月弱で解決に至る。

滞納した入居者に督促を行い,訴訟外で解決した事例

約4カ月分の滞納家賃の支払を内容証明郵便で請求。その後,相手方から連絡があり,滞納家賃全額を一括で回収した。今後,滞納した場合は明渡しをする旨の合意書を作成して終了。受任から1カ月弱で解決に至る。

事務所ロゴ

弁護士法人アストラル

(旧アストラル総合法律事務所)

〒491-0858 
愛知県一宮市栄1-8-12 一宮栄ビル4F
TEL:0586-71-4545

Copyright © 弁護士法人アストラル All Rights Reserved.