ケース4 従業員懲戒・労働審判対応

【事例】

A社のE社員は入社1年目だが、体調が悪いなどと言って無断欠勤をたびたびしている。


A社としては早々にE社員を解雇したいと考えている。

【顧問弁護士なし】

A社はE社員を懲戒解雇しましたが、その数週間後、地方裁判所から会社宛に特別送達郵便が届きました。空けてみると、なんと中身は、E社員を原告、会社を被告とする、解雇の無効を求める訴状でした。


驚いたA社では、社長の知人から紹介された弁護士に依頼し、解雇の有効性を争いましたが、約1年に及ぶ裁判の結果、裁判所からA社敗訴の見込みであるとして和解を促され、裁判期間中の約1年分の給与と、100万円の解決金を支払って、E社員と和解することになりました。

【顧問弁護士あり】

A社はE社員を懲戒解雇することについて、顧問弁護士に相談しました。
顧問弁護士は、就業規則上の懲戒解雇事由に該当するかどうかの確認、E社員の問題行動についての証拠化、E社員に対する適切な指導とその記録を準備するよう、A社に指導しました。
A社は顧問弁護士の指示通り準備を進め、E社員にこれまでの問題行動の記録、そして指導の結果を説明した上で、懲戒解雇に踏み切りました。


E社員はすぐに弁護士に相談しましたが、A社での懲戒処分までの手続経過を聴取した最初の弁護士は争うのは困難であると判断し、裁判をあきらめるようE社員を説得しました。それでもあきらめなかったE社員は、今度はA社での経過をあいまいにして別の弁護士に依頼し、裁判を提起しました。


残念ながら裁判を回避することはできませんでしたが、A社には十分な準備があり、無事、E社員敗訴の判決を得ることが出来ました。

【コメント】

労働事件は就業規則などのルールに則っているかどうかがすべてであり、トラブルになった後で対処することは非常に困難です。
従って会社としては、事前にルールを十分にチェックし、そもそも紛争にならないよう、ルールに則っていることを対象となる従業員にも理解させるとともに、いざ紛争になった場合に備え、証拠化しておくことが重要です。


こうしたアドバイスは、単発でのご相談・ご依頼では難しく、顧問弁護士によるアドバイスが適していると言えるでしょう。

※コンテンツ内で事例をご紹介する場合、作成当時の法律に基づきますので最新の判例と異なる可能性があります

ケース1 契約交渉

【事例】  A社のところに、最近業績が下降していると噂のB社から大口の注文が入った。 まだ大丈夫だとは思うが、多少の安全策を講じておきたい。 【顧問弁護士なし】  A社担当者は、取引にあたっ…

ケース2 契約書の確認・作成

ケース2 契約書の確認・作成

取引先作成の契約書は、まずは自社に有利な契約条件になっていることが珍しくはありません。相手先の思惑に気づかず、取引の際に起きたトラブルを参考事例を基に解説します

ケース3 債権回収

ケース3 債権回収

取引先の事実上倒産の一報が入ってから弁護士を探すのでは到底間に合いません:ひそかに破産の準備を進めていた取引先に対して在庫商品の処分によって売掛金の大半を回収することができた事例

ケース4 従業員懲戒・労働審判対応

ケース4 従業員懲戒・労働審判対応

労働事件は就業規則などのルールに則っているかどうかがすべてであり、落ち度があったとしても従業員が有利になりやすい傾向があります。トラブルになった後で対処することは非常に困難です

ケース5 裁判・強制執行

【事例】 マンション管理会社のA社担当者は、3ヶ月家賃を滞納しているFが電話に出ないことから、住んでいるマンションの一室を訪問した。するとマンションの郵便受けには数週間分の郵便物があふれており、人の気…

ケース6 専門家の紹介

【事例】 A社の株式を100%保有しているA社長は、そろそろ70歳を迎えようとしており、長男に跡を継がせたいと考えている。 A社長には3人の息子がいるが、二男と三男はA社とは関係していない。兄弟仲は良…

ケース7 社員の福利厚生

【事例】 女性従業員Gさんの給料を差し押さえるという裁判所からの通知がA社に届いた。A社長が事情を聞くと、夫が事業をしており、夫婦で事業資金の借入の保証人になっているが、夫が事業に失敗したため、返済を…

ケース8 経営者は孤独だ(法律面以外の効果)

【事例】 A社は設立10年の製造業者である。 業績は悪くないが、小規模の取引先が多く、少額の売掛金の未回収の発生が多い。A社長は社員に売掛金の回収を徹底するよう厳しく命じているが、未回収額が少ないせい…

事務所ロゴ

弁護士法人アストラル

(旧アストラル総合法律事務所)

〒491-0858 
愛知県一宮市栄1-8-12 一宮栄ビル4F
TEL:0586-71-4545

Copyright © 弁護士法人アストラル All Rights Reserved.