慰謝料請求:未成年者間の暴行による慰謝料を請求した事例

未成年者の行為について親が当然に責任を負うわけではありませんが、当該事例では加害少年が過去にも同様の事件を起こしており、親権者に監督責任が認められることなどから親権者に対し賠償請求を行い、約60万円の賠償金の支払いを受けました。


法律問題のご相談は弁護士法人アストラルへ
地元企業の健全な発展を法的にサポート 顧問契約のご案内
ページ上部へ戻る