遺留分減殺請求

事件の種類  遺留分減殺請求
依 頼 者  相続人1名
事件の概要  被相続人が遺産をすべて他の相続人に相続させるとの遺言を残したため遺留分減殺
       請求を行った。
結   果  遺留分減殺請求訴訟を提起し勝訴。遺留分相当額1200万円を回収。 
処理の期間  7か月


 個人は自分の財産を誰にどのように相続させるか遺言で自由に決めることができますが,兄弟姉妹以外の相続人には遺留分という権利があります。
 直系尊属(両親)のみが相続人の場合には全遺産の1/3,その他の場合(配偶者や子どもが相続人の場合)には1/2が遺留分として保証されています。
 したがって,「全財産を友人に遺贈する」という遺言があっても,相続人が遺留分減殺請求をすれば,その1/3または1/2は相続人に戻されることになります。
 遺留分減殺請求は相続開始と自分の遺留分が侵害されたことを知った時から1年以内に行わなければ時効にかかりますのでご注意ください。

2012/05/24

※コンテンツ内で事例をご紹介する場合、作成当時の法律に基づきますので最新の判例と異なる可能性があります

相続:相続財産の中に賃貸物件が多数あった事例

賃貸物件とそれに伴う債務の引き受けを拒否し,相続分相当額の代償金の支払いを請求する相続人に対して遺産分割調停を提起し,最終的に依頼者が不動産とそれに伴う債務のすべてを取得し,他の相続人には相続分を下回…

相続:相続財産の中に過払金返還請求権が含まれていた事例

相続開始後,荷物を整理していたところ多数の消費者金融からの借入書類が発見され,債務の相続を恐れた相続人からの依頼で調査したところ,多額の過払金債権が発見されました。これを回収した上で,各相続人の相続分…

入院された方の債務・亡くなった方の債務

入院された方の債務・亡くなった方の債務

なぜかこのところ,脳梗塞などで倒れたり,亡くなったりしたご家族の債務についてのご相談が続いています。気持ちのいい季節ですが,うちの事務所の近辺では急性疾患が増えているのでしょうか・・・? ご本人が入院…

相続資格の重複

相続人が養子縁組をしている場合,相続資格が重複する場合があります。たとえば,①祖父母が,亡くなった長男の子ども(孫)を養子にしたあと,祖父が亡くなった場合 (孫は祖父の養子であり,長男の代襲相続人でも…

遺留分減殺請求

事件の種類  遺留分減殺請求依 頼 者  相続人1名事件の概要  被相続人が遺産をすべて他の相続人に相続させるとの遺言を残したため遺留分減殺       請求を行った。結   果  遺留分減殺請求訴訟…

|1/1|

事務所ロゴ

弁護士法人アストラル

(旧アストラル総合法律事務所)

〒491-0858 
愛知県一宮市栄1-8-12 一宮栄ビル4F
TEL:0586-71-4545

Copyright © 弁護士法人アストラル All Rights Reserved.