相続:預金の引出し行為について

相続人の一人が被相続人の生前に預金を引き出していたために争われるケースはよくあります。
このようなケースは法律上どのように処理されるのでしょうか。


被相続人が預金の引き出しを了解し,引き出した相続人にあげたのであれば贈与です。
生前の贈与は特別受益(遺産の前渡し)に当たる場合がありますので,遺産分割にあたって特別受益があるかないかを争うことになります。


一方,被相続人が知らないうちに勝手に引き出して持ち去ったのなら,横領(不法行為)です。
被相続人は生前,勝手に預金を引き出した相続人に対し,引き出した預金を返せと請求する権利(損害賠償請求・不当利得返還請求)を持っていたことになりますから,相続人はこの債権を相続することになり,相続債権に基づいて引き出した預金を返すよう請求することができます。
ただし,これは遺産分割の手続とは別の手続(民事裁判)になります。
最高裁は相続債権は遺産分割によらなくとも相続分に従って当然に分割され,遺産分割は必要ないと判断しているからです。


以上からすると,預金の引き出しがあったと考えられる場合次のことを検討する必要があります。
①相続人の一人が預金を引き出したと立証できるかどうか。
②引き出された預金を相続人の一人が持ち去ったと立証できるかどうか。


相続人の一人が預金通帳を管理していたとしても,間違いなくその相続人が預金を引き出したとは言い切れません。被相続人がお元気なら,自分で引出しに行ったかもしれません。
また相続人の一人が預金を引き出したとしても,「被相続人に渡したので知らない。このとおり領収書がある。」と言うかもしれません。


そんなわけないだろう!!と思うでしょうが,あくまで可能性があるという話です。
可能性がある以上横領の事実が立証できたとは言えませんので,十分な証拠集めが必要です。

2012/09/18

※コンテンツ内で事例をご紹介する場合、作成当時の法律に基づきますので最新の判例と異なる可能性があります

破産の同時廃止基準が変わります

名古屋地方裁判所管内の破産同時廃止基準が、平成30年1月より改定されることになりました。 破産事件では、本来、管財人が選任され、管財人が破産者の資産状況を調査し、資産を処分してそのお金で債権者に配当し…

離婚の危機~住宅ローンクライシス

A子は34歳の主婦である。夫とはOLだったころ友人の紹介で知り合い,5年前に結婚した。夫はあまり名は知られていないが堅実な会社に勤めており,年収は手取りで350万円。結婚の翌年には長男が生まれ,昨年二…

経営者保証に関するガイドラインについて

12月5日に日本商工会議所と全国銀行協会を事務局とする「経営者保証に関するガイドライン研究会」が「経営者保証に関するガイドライン」を発表しました。中小企業が事業資金の借り入れを行う場合,経営者個人によ…

定期借家契約

定期借家契約

大家さんの都合で立退きを求められたので立退料をもらった,という話はときどきありますね。建物の賃貸借契約は,賃借人にとっては生活の基盤にかかわるものですから,借地借家法という法律によって厚く保護されてい…

相続放棄と遺留分放棄

 新聞を読んでいたら,「構成員が70歳以上の世帯の4分の1は金融資産が0,金融資産が3000万円以上の世帯は全体の16%」という記事がありました。 高齢世帯が金融資産の大半を保有しているとか,高齢世帯…

相続:預金の引出し行為について

相続人の一人が被相続人の生前に預金を引き出していたために争われるケースはよくあります。このようなケースは法律上どのように処理されるのでしょうか。 被相続人が預金の引き出しを了解し,引き出した相続人にあ…

交通事故の後遺障害認定について

 交通事故で鞭打ちになった,手足にしびれがある,背中が痛む,などのご相談はよくあります。 このような神経症状も後遺症と認められるのでしょうか。  答えは,「認められるときもあるし,認められないときもあ…

破産事件

最近また少し破産事件が増えてきたなあと感じます。今日は3件のご相談がありました。 CMで盛んに「過払金回収!!」と騒いだため,一時急激に破産・債務整理案件が増えましたが,貸金業法が改正され,原則として…

対応エリアについて

 最近,他県にお住まいの方からのご依頼が続いています。 「他県なので対応していただけるかどうか分からないのですが・・・」と心配される方もみえますが,東海三県なら全く普通の案件ですのでご心配はいりません…

退職した従業員の競業

退職した元従業員に取引先を奪われたので損害賠償を請求したい,というご相談がありました。 従業員は,勤務先に対して競業避止義務(同種の事業を営まない義務)を負っています。では,退職後はどうなのでしょうか…

|1/1|

事務所ロゴ

弁護士法人アストラル

(旧アストラル総合法律事務所)

〒491-0858 
愛知県一宮市栄1-8-12 一宮栄ビル4F
TEL:0586-71-4545

Copyright © 弁護士法人アストラル All Rights Reserved.