交通事故の後遺障害認定について

 交通事故で鞭打ちになった,手足にしびれがある,背中が痛む,などのご相談はよくあります。
 このような神経症状も後遺症と認められるのでしょうか。


 答えは,「認められるときもあるし,認められないときもある」です。
 (そりゃそうだろ,という声が聞こえました)


 局部の神経症状については,後遺障害等級の12級か14級に該当する可能性があります。
 12級と認められるのは「神経系統の障害が他覚的に証明される場合」とされ,要するにレントゲンとか,CTとか,MRIの検査結果により,異常所見が得られるケースです。
 14級と認められるのは,「神経系統の障害の存在が医学的に説明可能な場合」とされ,要するに異常所見はないけれど現在の症状が事故により体に生じた異常によって発生していると説明可能なケースです。
 つまり,検査の結果特に異常がなく,しかもなぜ痛いのかについてお医者さんにもよく分からないケースでは,後遺症の認定は下りないということになります。


 そんなこと言ったって事故前は何ともなかったのに,事故にあってから痛くなったんだから事故のせいに決まってるでしょ。と言いたいのですが,痛みというものは本人にしか分からず,痛くもないのに痛い痛いと騒ぐ不逞の輩も少なからぬ世の中では,何らかの医学的証明がなければ後遺症の認定はされないのです。


 また大変残念なことに,日本医師会と日本弁護士連合会は特に仲が良いわけでもないため,医師と弁護士との間で認識の共通化がなされておらず,弁護士がやってほしいと思う検査を,事故直後に診察したお医者さんがやっておられないことがままあります。
 事故から時間がたってから痛みが起きることも珍しくないのですが,患者が痛いとも言わないうちに精密検査をするお医者さんはおられません。後になって検査しても,その結果が事故のせいなのかどうか,よく分からないということになってしまいます。


 では日々2000件もの交通事故が発生する日本国において生活する我々は,どのようにわが身を守ればよいのでしょうか。
 無用に出歩かない・上下前後左右に細心の注意を払って行動するなどの不断の努力にもかかわらず,不幸にも交通事故にあってしまったら,意識を失う前に救急隊員の腕にすがり,
「頭も痛いし首も痛いし,こ・腰も痛い・・・。レントゲンと・・・し・CTと・・・MRIと・・・できたら脳波検査と筋電図検査もお願いします・・・」
と伝えてから意識を失うように心がけましょう。


 そしてさらに不幸にも神経症状が出てしまった場合には,お医者さんに,「他覚的所見はあるのか」「ないなら,医学的に説明可能な痛みかどうか」をお尋ねになり,その内容を診断書に記載して頂くようにお願いする必要があります。


 うーん前半は現実的には難しいですね。「交通事故の場合には最低限これだけの検査は行う」というマニュアル化がなされると安心なのですが。


 それより車の安全性がもっと高まるといいですね。車の性能上時速60キロくらいまでしか出ないようにするとか,車をマシュマロ状の材料で作るとか(速度を出さなくていいなら可能では?問題は雨で溶けないようにすることですね),進行方向の信号が黄色になったら自動的にブレーキがかかるなんてどうでしょう?

2012/09/06

※コンテンツ内で事例をご紹介する場合、作成当時の法律に基づきますので最新の判例と異なる可能性があります

破産の同時廃止基準が変わります

名古屋地方裁判所管内の破産同時廃止基準が、平成30年1月より改定されることになりました。 破産事件では、本来、管財人が選任され、管財人が破産者の資産状況を調査し、資産を処分してそのお金で債権者に配当し…

離婚の危機~住宅ローンクライシス

A子は34歳の主婦である。夫とはOLだったころ友人の紹介で知り合い,5年前に結婚した。夫はあまり名は知られていないが堅実な会社に勤めており,年収は手取りで350万円。結婚の翌年には長男が生まれ,昨年二…

経営者保証に関するガイドラインについて

12月5日に日本商工会議所と全国銀行協会を事務局とする「経営者保証に関するガイドライン研究会」が「経営者保証に関するガイドライン」を発表しました。中小企業が事業資金の借り入れを行う場合,経営者個人によ…

定期借家契約

定期借家契約

大家さんの都合で立退きを求められたので立退料をもらった,という話はときどきありますね。建物の賃貸借契約は,賃借人にとっては生活の基盤にかかわるものですから,借地借家法という法律によって厚く保護されてい…

相続放棄と遺留分放棄

 新聞を読んでいたら,「構成員が70歳以上の世帯の4分の1は金融資産が0,金融資産が3000万円以上の世帯は全体の16%」という記事がありました。 高齢世帯が金融資産の大半を保有しているとか,高齢世帯…

相続:預金の引出し行為について

相続人の一人が被相続人の生前に預金を引き出していたために争われるケースはよくあります。このようなケースは法律上どのように処理されるのでしょうか。 被相続人が預金の引き出しを了解し,引き出した相続人にあ…

交通事故の後遺障害認定について

 交通事故で鞭打ちになった,手足にしびれがある,背中が痛む,などのご相談はよくあります。 このような神経症状も後遺症と認められるのでしょうか。  答えは,「認められるときもあるし,認められないときもあ…

破産事件

最近また少し破産事件が増えてきたなあと感じます。今日は3件のご相談がありました。 CMで盛んに「過払金回収!!」と騒いだため,一時急激に破産・債務整理案件が増えましたが,貸金業法が改正され,原則として…

対応エリアについて

 最近,他県にお住まいの方からのご依頼が続いています。 「他県なので対応していただけるかどうか分からないのですが・・・」と心配される方もみえますが,東海三県なら全く普通の案件ですのでご心配はいりません…

退職した従業員の競業

退職した元従業員に取引先を奪われたので損害賠償を請求したい,というご相談がありました。 従業員は,勤務先に対して競業避止義務(同種の事業を営まない義務)を負っています。では,退職後はどうなのでしょうか…

|1/1|

事務所ロゴ

弁護士法人アストラル

(旧アストラル総合法律事務所)

〒491-0858 
愛知県一宮市栄1-8-12 一宮栄ビル4F
TEL:0586-71-4545

Copyright © 弁護士法人アストラル All Rights Reserved.