退職した従業員の競業

退職した元従業員に取引先を奪われたので損害賠償を請求したい,というご相談がありました。


従業員は,勤務先に対して競業避止義務(同種の事業を営まない義務)を負っています。
では,退職後はどうなのでしょうか。


まず原則論として,退職した従業員は憲法で保障されている「職業選択の自由」を持っています。
つまり,どんな仕事をしようが基本的には自由であるというわけです。
従って競業避止義務は負いません。


では就業規則などで「退職後も競業避止義務を負う」と定められている場合はどうでしょうか。


従業員は勤務期間中は給料をもらっていますが,退職後は給料をもらうわけでもないのに競業避止義務だけ負わなければならないとすれば,会社だけが得をすることになり不公平です。
このため就業規則等に「退職後も競業避止義務を負う」という定めがあっても,それが次のような事情を検討して不公平でない場合にだけ有効とされることになっています。
①競業が禁止される期間が長いか短いか。
②禁止される対象従業員の範囲が営業秘密にかかわる者などだけに限定されているかどうか。
③競業避止義務を課す代わりに手当の支払などの代償措置があるかどうか。
④競業に当たるとされる職種や地域が限定されているかどうか。
⑤競業に当たるとされる行為が限定されているかどうか。


一方,就業規則等に何も定めがなければ,原則通り競業避止義務は負いません。


ただし,最高裁の判例(H22.3.25)によると,「元従業員の競業行為が,社会通念上自由競争の範囲を逸脱した違法な態様で元雇用者の顧客を奪取したとみられるような場合には,その行為は元雇用者に対する不法行為に当たるというべきである」とされています。
つまり,就業規則などに定めがなければ競業避止義務という契約上の義務は負いませんが,単に勤務中に知り得た情報ではなく,営業秘密を持ち出して利用したり,元勤務先の信用をおとしめるなどの不当な方法で営業活動を行うなど,社会的相当性を逸脱した行為がある場合には,不法行為に該当する可能性があるということです。


もっとも,退職した従業員には憲法で保障された職業選択の自由があることからすると,不法行為に該当するケースは非常に限定されると考えてよいでしょう。


上記最高裁の事例では,営業担当だった従業員が退職前に大口取引先に退職の挨拶に行き,同業他社を設立するので今後取引してほしいと頼み,退職後,会社には内緒で同業他社を設立してその取引先との取引を開始し,その結果,その取引先から元の会社への受注額は従前の5分の1程度に激減したという事案でしたが,不法行為の成立は否定されています。

2012/08/21

※コンテンツ内で事例をご紹介する場合、作成当時の法律に基づきますので最新の判例と異なる可能性があります

破産の同時廃止基準が変わります

名古屋地方裁判所管内の破産同時廃止基準が、平成30年1月より改定されることになりました。 破産事件では、本来、管財人が選任され、管財人が破産者の資産状況を調査し、資産を処分してそのお金で債権者に配当し…

離婚の危機~住宅ローンクライシス

A子は34歳の主婦である。夫とはOLだったころ友人の紹介で知り合い,5年前に結婚した。夫はあまり名は知られていないが堅実な会社に勤めており,年収は手取りで350万円。結婚の翌年には長男が生まれ,昨年二…

経営者保証に関するガイドラインについて

12月5日に日本商工会議所と全国銀行協会を事務局とする「経営者保証に関するガイドライン研究会」が「経営者保証に関するガイドライン」を発表しました。中小企業が事業資金の借り入れを行う場合,経営者個人によ…

定期借家契約

定期借家契約

大家さんの都合で立退きを求められたので立退料をもらった,という話はときどきありますね。建物の賃貸借契約は,賃借人にとっては生活の基盤にかかわるものですから,借地借家法という法律によって厚く保護されてい…

相続放棄と遺留分放棄

 新聞を読んでいたら,「構成員が70歳以上の世帯の4分の1は金融資産が0,金融資産が3000万円以上の世帯は全体の16%」という記事がありました。 高齢世帯が金融資産の大半を保有しているとか,高齢世帯…

相続:預金の引出し行為について

相続人の一人が被相続人の生前に預金を引き出していたために争われるケースはよくあります。このようなケースは法律上どのように処理されるのでしょうか。 被相続人が預金の引き出しを了解し,引き出した相続人にあ…

交通事故の後遺障害認定について

 交通事故で鞭打ちになった,手足にしびれがある,背中が痛む,などのご相談はよくあります。 このような神経症状も後遺症と認められるのでしょうか。  答えは,「認められるときもあるし,認められないときもあ…

破産事件

最近また少し破産事件が増えてきたなあと感じます。今日は3件のご相談がありました。 CMで盛んに「過払金回収!!」と騒いだため,一時急激に破産・債務整理案件が増えましたが,貸金業法が改正され,原則として…

対応エリアについて

 最近,他県にお住まいの方からのご依頼が続いています。 「他県なので対応していただけるかどうか分からないのですが・・・」と心配される方もみえますが,東海三県なら全く普通の案件ですのでご心配はいりません…

退職した従業員の競業

退職した元従業員に取引先を奪われたので損害賠償を請求したい,というご相談がありました。 従業員は,勤務先に対して競業避止義務(同種の事業を営まない義務)を負っています。では,退職後はどうなのでしょうか…

|1/1|

事務所ロゴ

弁護士法人アストラル

(旧アストラル総合法律事務所)

〒491-0858 
愛知県一宮市栄1-8-12 一宮栄ビル4F
TEL:0586-71-4545

Copyright © 弁護士法人アストラル All Rights Reserved.